銀座カフェーパウリスタの歴史

  • 銀座カフェパウリスタの歴史
  • 銀座カフェパウリスタの物語
  • 時代の中のパウリスタ
  • 作品の中のパウリスタ

ブラジル移民の父、カフェーパウリスタ初代社長・水野 龍

日本の移民団、
世界一のコーヒー生産国・ブラジルへ

ときは明治41年4月28日。
日本からブラジルへの最初の移民793名を載せた船「笠戸丸」が神戸から出港しました。

当時、世界の50%以上のコーヒーシェアを持っていたブラジルは、奴隷解放によって農園の働き手を失い、労働力を世界各国へ求めました。しかし、賃金労働者と奴隷の区別がつかないブラジル園主と外国人労働者の間でドラブルが続出。皆自国へと逃げ帰ってしまいます。

同じ頃、日本では人口増加による食糧不足、日露戦争帰還兵の失業者問題が深刻化していました。
その解決策として、日本人の移民を計画したのが“水野 龍(みずの りょう)”。

水野は、人種の偏見が少なく、食糧も豊富なブラジルを移民先に選び、大勢の日本人を率いて向かいました。日本人移民は、その礼儀正しさと社交性でブラジルに好意的に受け入られましたが、言葉の通じない土地で、奴隷の扱いしか知らない農業主のもと、多くの困難と忍耐を強いられます。
ひと旗あげて帰国しようと意気揚々だった人々も、帰国はかなわないと悟らざるを得ませんでした。
また、水野自身もこの移民事業によって大きな赤字を抱えます。

ブラジルのサンパウロ州政庁は、そんな水野の移民事業に対し、年間1,000俵の珈琲豆の無償供与と東洋の一手宣伝販売権を与え、日本におけるブラジル珈琲の普及事業を委託します。

大きな損を幾分かでも埋められるよう、コーヒー豆を無償で提供したい。
ついてはこれを 農園労働の需要性と、コーヒーそのものを周知する機会としてほしい。
日本がいずれ西洋を凌駕する民族発展をみるのは確実であり、生活様式が進化すれば、
コーヒーは日本の嗜好に迎えられるに違いない。
星の中に女王の姿、それを囲んで珈琲樹の葉と真紅な実が描かれた、カフェーパウリスタのロゴは、サンパウロ市の市章を模している。

コーヒーはいわば、ブラジルで働く日本人移民の努力の結晶。
日本でこれを広め、需要を伸ばすことで、彼らへの大きな理解と助けを得られると踏み、水野はこれを承諾。

政治家・大隈重信らの助けを借りて、明治43年にブラジルサンパウロ州政庁専属ブラジル珈琲発売所「カフェーパウリスタ」を設立しました。

※カフェー(cafe)はポルトガル語でコーヒー、パウリスタ(Paulista)
はサンパウロっ子の意味。

東京銀座に白亜二階建の洋館“カフェーパウリスタ 銀座店”登場

当時、“写真は魂が抜き取られる”“トマトを食べると発狂する”と信じられた時代。
コーヒーは日本人の味覚とはかけ離れた飲み物で、それを嘲笑する歌までが大流行していました。
予想以上に苦労しながらも、異国の同胞の辛苦を想い、どうしたら受け入れてもらえるか知恵を借りながら様々な模索を繰り返した水野は、「コーヒーはそもそもどんな場所で飲まれているのか?」という疑問にたどり着きました。

聞くと、西洋には【カフェー】という場所があり、そこで皆コーヒーを飲んでいるといいます。
水野は、フランスはパリの有名なカフェー・プロコプへ視察に向かいました。

銀座カフェーパウリスタ創業店

するとそこでは、多くの老若男女が各々テーブルを挟み、正装した給仕が恭しく運んできたコーヒーを飲みながら楽しそうに会話を交わしている光景が広がっていたのです。

「この場所が日本にあれば」
そう考えた水野は早速日本に戻り、明治44年、このプロコプを模した白亜二階建の洋館を東京銀座につくりました。
これが「銀座 カフェーパウリスタ」です。

水野は開店時に、
「今日皆様に供する珈琲は日本移民の労苦がもたらした収穫物で、この一杯には、その汗の結晶が浸け込んでいる。準国産品ともいえる珈琲を普及するために、是非ご協力をいただきたい。」
と演説し喝采をうけました。

文化の発信基地、銀座カフェーパウリスタ

旧銀座店店内、現在、銀座店で使用しているカップやスプーンは昔のデザインを復元しています

ブラジルのサンパウロ州政庁から無料でもらい受けたコーヒー豆を強みに、一合たっぷり入る厚手のカップコーヒー1杯を5銭(約900円)で提供。
「もり・かけ・銭湯3銭」という時代に、“5銭出せば誰でも豪華で文化的な雰囲気に浸りながら、西洋のハイカラな飲み物が飲める”ということで、たちまち評判となります。

特異な型をした陶器の砂糖壺に、灰皿を配置した白大理石のテーブル、パリー風の曲木椅子四坐。米国風の温いドーナッツと数種類のサンドウイッチ。
コーヒーを運ぶ給仕たちは、海軍士官の正装をし、肩章をつけた純白の上着に黒ズボンの15歳未満の清潔感のある少年たち。
その異国風な雰囲気と斬新な販売方法は、珍らしいもの好きな都人に歓迎されました。

また、朝日新聞社や電通本社、帝国ホテル、外国商館に程近く、当時東京で最も進歩的な文化人が集まる場所であったことから「銀座カフェーパウリスタ」はすぐに文化人や新聞記者のたまり場となりました。

朝9時から夜11時の営業時間内で、多い日にはおよそ4,000杯のコーヒーが飲まれた程の盛況を呈したといいます。

常連客の横顔とコーヒー文化

「銀ブラ」という言葉は、慶応義塾大学の学生が流行らせたもので“慶応のキャンパスから、銀座のカフェーパウリスタまで歩き、ブラジルコーヒーを飲みながら会話をすること”とする説があります。
大勢の文化人が集まるこの場所に足を運び、大作家や新聞記者の会話に聞き耳を立てたり、師や友とカップを傾けながら何時間も討論したり…銀座カフェーパウリスタは、夢を抱えた学生にとっては多くの刺激を得られる空間だったのです。

大正時代のパウリスタは、文化活動の一拠点で、文学の世界では水上滝太郎、吉井勇、菊池寛、久米正雄、徳田秋声、正宗白鳥、宇野浩二、芥川龍之介、久保田万太郎、広津和郎、佐藤春夫、獅子文六、小島政二郎等が常連でした。

久保田万太郎は三田文学の仲間と連日パウリスタに出没しており、
《西六丁目にあたる横丁の時事新報社のまえ・・・・・・ということはいまの交詢社の前ッ側に、「カフェ・パウリスタ」という珈琲店があった。ブラジル生産の珈琲を宣伝するためにできた店だったが、われわれは、開店当初から、この店を愛用した。すなわち、われわれの銀座に出るということは、その店で、三十分でも、一時間でも時間をつぶすことだった。》と文学青年時代の思い出を記しています。

大正初期、当時まだ珍しいトラックで製品を毎日配達していました。ジョン・レノン、オノ・ヨーコ夫妻のサイン

宇野浩二は、「高村光太郎と智恵子」の中で
《長沼智恵子が平塚雷鳥の青鞜社の同人であった時分に、今の資生堂の横丁へんにあったカフェ・パウリスタの二階の一室で、一、二度、遠目にちらと見たことがある。彼女のあでやかな着物姿はひときわ目立った》と触れています。

小島政二郎は、
《私が慶応の学生になった頃、銀座にパウリスタと云うカッフェが出来た。パウリスタは、コーヒー一杯で一時間でも二時間でも粘っていても、いやな顔をしなかった。丁度時事新報社の真ン前だったから、徳田秋声や正宗白鳥なども、原稿を届けに来たついでに寄って行ったりした。私たち文学青年にとって、そう云う大家の顔を見たり、対話のこぼれを聞いたりすることが、無上の楽しみだった。》と回想しています。

画壇では、帝劇で舞台装置に新機軸を出すべく研鑽していた若い頃の藤田嗣治、村山槐多、吉田博画伯などが常連でした。

他にも、芥川龍之介、森茉莉、井上ひさし、菊池寛、谷崎潤一郎、与謝野晶子、高村光太郎、森鴎外、アインシュタイン。
さらには、ジョン・レノン、オノ・ヨーコ夫妻が三日三晩来店され
たりと、そうそうたる顔ぶれが通い詰めたと言われています。

沿革

明治37年(1904年) 初代社長 水野 龍、皇国殖民会社を設立し、海外に志す
明治41年(1908年) 水野 龍、笠戸丸にて、初の移民団長として渡伯
明治43年(1910年) ブラジル共和国サンパウロ州政府よりサントス珈琲豆の継続的供与と、東洋における一手宣伝販売権を受ける
合資会社「カフェーパウリスタ」を設立、水野龍社長に就任
明治44年(1911年) 12月12日 銀座カフェーパウリスタ開業
大正2年(1913年) ブラジル産珈琲と南米物産の輸入販売を目的として、
大正2年10月29日、株式会社カフェーパウリスタを設立
コーヒーの普及宣伝のため、直営店カフェーパウリスタを銀座、浅草、丸ノ内ほか、全国に展開し、喫茶店全盛時代の幕を開く
昭和17年(1942年) 海軍関係糧まつ食を製造し、当局の指示により社名を日東珈琲株式会社と改称
昭和22年(1947年) 長谷川主計代表取締役社長に就任、
チコリー栽培事業に進出し、戦後の珈琲業界を再建
昭和44年(1969年) 株式会社 カフェーパウリスタ(新)設立
昭和45年(1970年) 本社工場を中央区新川旧工場跡に再建
創立の地銀座に直営宣伝店としてカフェーパウリスタ銀座店を開店
昭和47年(1972年) 大阪支店開設
昭和49年(1974年) 札幌支店開設
昭和53年(1978年) 新富食品倉庫新設
昭和63年(1988年) コーヒー総合工場(千葉県松尾町)建設
平成10年(1998年) 銀座カフェーパウリスタオンラインショップ開設