よくある質問

  • 森のコーヒーとは
  • 徹底した6つのこだわり
  • よくある質問
  • お客様の声
  • 森のコーヒーご購入はこちら
「森のコーヒー」は有機JASコーヒーですか?

「森のコーヒー」は有機JASコーヒーではありません。

日本では、平成11年に改正されたJAS法に基づき、有機農産物と有機農産加工食品のJAS規格が定められ、そこで示されたルールを守って生産され、有機JASマークが付された食品だけ「有機」や「オーガニック」と袋や箱に表示できるようになりました。
「森のコーヒー」の生産者グループの中で、有機JASの認証を取得しているのは、リカルド・アギアール氏だけです。残りの生産者は農薬・化学肥料を栽培中に使用していませんが、日本の有機JAS認証は取得していません。
ジョン・ネット氏とクラウディオ・カルネイロ氏は、ブラジルの有機認証であるIBDを取得。
エンリケ・スローパー氏は、ドイツの有機認証・DEMETERを取得しています。
「森のコーヒー」はブレンドですか?

はい。複数の生産者のコーヒーを混ぜているという意味ではブレンドです。

ただし、「森のコーヒー」の生産農園は、すべてブラジルにありますので、生豆生産国名という意味ではブラジル1国になります。通常のブレンドコーヒーのように複数の国のコーヒーを混ぜたというわけではありません。
豆が小さく不揃いに見えるのですが…

「森のコーヒー」は、大粒の豆も小粒の豆も両方とも買い付けています。

通常日本に輸入されているブラジル・サントスNo.2規格のコーヒーは、異物混入率が300gあたり4点以下(異物によって点数が違う。大よそ1%程度)のコーヒーです。豆の大きさはスクリーンという単位で表現され、こちらも17以上のスクリーンサイズの物がほとんどです。
一方で「森のコーヒー」は、農薬・化学肥料を一切使わないということと、おいしいということが第一なので、スクリーンサイズや欠点の基準は、No.2の規格に当てはまりません。
一般的に流通しているコーヒーと比べれば、確かに不揃いです。
ブラジルのような熱帯の国で、農薬、化学肥料を全く使用せずに、安心・安全で、しかもおいしいコーヒーを契約栽培することをお願いする場合に、通常のコーヒーと同じ基準で、大粒のコーヒーだけを買い付けるということは、弊社としては要求できません。
生産者からしてみれば、小粒のコーヒーも、大粒と同じく農薬・化学肥料使用せずに丁寧に作っていますので、同じように買上げてもらわなければ、農園経営が成り立ちません。
カフェーパウリスタでは、小粒のコーヒーも、カッピング(味見)をして、味を確かめてから買付をしていますので、ぜひ安心してお飲みになってください。
森のコーヒー生産者が取得している有機認証について教えてください。

はい。JAS、IBD、DEMETERの有機認証になります。

  • JAS有機認定

    日本の農林水産省が定めた、有機食品のJAS規格に適合した生産が行われてことを登録認定機関が検査し、その結果認定された事業者のみが有機JASマークを貼ることができます。

  • IBD有機認証

    IBDはブラジルで唯一の有機栽培認証機関です。IFOAM(国際有機農業運動連盟)と連動してブラジルの有機栽培農作物の国際基準保証をしています。

  • DEMETER認証

    DEMETERは、ドイツで生まれたバイオダイナミック農法による生産物の認証を中心にした有機認証機関です。その認証制度は、1928年に始まり、世界で一番最初の有機認証機関です。ヨーロッパでは最も権威のある認証と言われています。

「森のコーヒーご購入はこちら」